top of page
  • OMC

糖尿病とインクレチン

こんにちは。

院長の岡田奏二です。


今回は、糖尿病とインクレチン、というテーマでお話しします。


インクレチンは、食事をした際に小腸から分泌されるホルモンで、膵臓に対してインスリンの分泌を促す働きがあります。


インクレチン単独では低血糖を起こしにくく、また、体重増加を起こしにくいのが特徴です。

インクレチン関連薬には、DPP4阻害薬(飲み薬)とGLP1受容体作動薬(おもに注射薬)があります。


糖尿病治療の目的は、一つは腎症から透析導入への阻止、もう一つは脳梗塞など動脈硬化症の進展阻止です。

これらの合併症は複数の危険因子が重複することで発症しやすくなります。

そして、これらの危険因子は体重増加に関係します。


したがって、体重増加を起こしにくいインクレチン関連薬は比較的軽症の糖尿病に適応する薬剤といえるでしょう。


当クリニックは、わかりやすい食事・運動支援とともに、インクレチン関連薬を含めた適切な薬剤療法を行うことで、患者さんの福祉に役立ちたいと願っています。

167

最新記事

糖尿病とダイエット

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病とダイエットというテーマでお話しします。 空腹時血糖値が120mg/dl未満の患者2265人を、6か月間の体重の変動が、①1.5kg以上減少、②体重の増減が1.5kg未満、③1.5kg以上増加、の3郡に分けて、代謝指標の変動を比較しました。 空腹時血糖値、食後2時間血糖値、HbA1c値、空腹時インスリン値などの指標において、増加(悪化)の割合は体重

糖尿病と肥満

こんにちは。 副院長の岡田震一です。 今回は、糖尿病と肥満というテーマでお話しします。 2型糖尿病は肥満と深く関連しています。 すなわち、2型糖尿病患者は肥満の方が多く、かつインスリン抵抗性であることが多いのです。 肥満の研究によると、BMI22(標準)の時の糖尿病発症危険率を1とすると、BMI25(肥満)のとき男性で2.2倍、女性で8.1倍になり、BMI30(高度肥満)では男性6.7倍、女性で2

糖尿病とその進行

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病とその進行というテーマでお話しします。 2型糖尿病は進行します。 2型糖尿病を進行させる要因としては、高血糖そのものが膵β細胞(インスリンを分泌する細胞)の機能を低下させることやインスリン抵抗性を増大させること等が考えられます。 これらのことが進行することによって、やがて膵β細胞は減少すると考えられています。 しかし、膵β細胞の回復能力が保たれてい

Comments


bottom of page