top of page
  • OMC

糖尿病と睡眠

こんにちは。

副院長の岡田震一です。

あなたは毎日、何時間くらい睡眠をとっていますか?


今回は、糖尿病と睡眠の関係、というテーマでお話しします。


アメリカでは1980年以降、肥満と糖尿病の発症率が、成人で2倍、子供で3倍に増加しています。

その一方で、睡眠時間は減少傾向を示しています。


そこで、睡眠7時間を基準として糖尿病の発症率を調べたところ、

睡眠が6時間以下では2倍、8時間以上では3倍に増加しました。


このように、睡眠と糖尿病とは密接に関係していることがわかってきました。

また、睡眠時間は短すぎるのも長すぎるのも、糖尿病には良くないことがわかってきました。


専門治療を外来で受けられる当クリニックは、わかりやすい食事・運動支援を行うことで、適切な生活習慣を身に付けていただくことにも注力しています。


176

最新記事

糖尿病と生活習慣

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病と生活習慣というテーマでお話しします。 現代の多くの生活習慣はインスリン抵抗性を悪化させ、糖尿病発症と悪化の重要な原因となっています。 これらの生活習慣はインスリン分泌を刺激し、高インスリン血症を起こします。 生活習慣による慢性的な刺激は、初期インスリン分泌の低下と遅延型高インスリン血症を導き、インスリン分泌細胞を疲弊させます。 この細胞が疲弊する

世界の糖尿病人口

こんにちは。 副院長の岡田震一です。 今回は、世界の糖尿病人口というテーマでお話しします。 国際糖尿病連合によると、糖尿病による死亡者数は2007年には3800万人でした。 糖尿病の有病者数の多い上位3か国は、第1位インド、第2位中国、第3位米国です。 また、有病率が最も高いのは東地中海・中東で、上位10か国に中東の6か国が名を連ねます。 これは急速な経済発展により生活スタイルの欧米化が生じ、肥満

糖尿病とダイエット

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病とダイエットというテーマでお話しします。 空腹時血糖値が120mg/dl未満の患者2265人を、6か月間の体重の変動が、①1.5kg以上減少、②体重の増減が1.5kg未満、③1.5kg以上増加、の3郡に分けて、代謝指標の変動を比較しました。 空腹時血糖値、食後2時間血糖値、HbA1c値、空腹時インスリン値などの指標において、増加(悪化)の割合は体重

Comments


bottom of page