top of page
  • OMC

糖尿病と認知症

こんにちは。

副院長の岡田震一です。


今回は、糖尿病と認知症の関係でお話しします。

実は、糖尿病の方は認知症になる可能性が上がる、という報告があります。


耐糖能異常(血糖値が正常より高い状態にあること)と認知症との関係性が、久山町で調査されました。


調査の結果、アルツハイマー型認知症の発症率(対1000人/年)は、

耐糖能異常グループで15.0、耐糖能正常グループで5.2となり、

耐糖能異常グループが約3倍高い発症率となりました。


また、脳血管性認知症の発症率も調べたところ、

耐糖能異常グループで15.0、耐糖能正常グループで5.9となり、

こちらも耐糖能異常グループが約3倍高い発症率となりました。


結果を解析したところ、耐糖能異常はとくにアルツハイマー病との関連が強いことがわかりました。


つまり、耐糖能異常や糖尿病は、脳血管性認知症やアルツハイマー型認知症発症の危険因子となっているのです。


専門治療を外来で受けられる当クリニックは、患者さんに合った適切な糖尿病治療を行うことで、患者さんの福祉に役立てるよう取り組んでいます。

174

最新記事

糖尿病と認知障害

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病と認知障害というテーマでお話しします。 高齢者特有の生活機能障害等と2型糖尿病との関係がわかってきています。 認知機能の低下と大脳白質の病変・大脳皮質下の委縮との間に関連性が認められているのです。 高齢者2型糖尿病患者さんは脳の細小血管が損傷を受けることによって、大脳の機能が低下し、認知機能が低下することが考えられます。 専門治療を外来で受けられる

糖尿病と特定検診・保健指導

こんにちは。 副院長の岡田震一です。 今回は、糖尿病と特定検診・特定保健指導というテーマでお話しします。 肥満は糖尿病やメタボリックシンドロームの原因となる病態です。 平成20年度に開始された特定検診・特定保健指導では、軽度の肥満に潜む糖尿病などの早期発見や早期治療に役立っています。 平成14年の糖尿病実態調査では、糖尿病が強く疑われた人のうち、治療中の人は51%しかいませんでした。 また、過去に

糖尿病とやせ肥満

こんにちは。 副院長の岡田震一です。 今回は、糖尿病とやせ肥満というテーマでお話しします。 アジア人における糖尿病リスクについての調査から、アジア人のBMI(肥満度)は他の人種に比べて一番低く、食事も最も健康的なものを摂取していることが明らかになっています。 にもかかわらず、BMIの高い白人よりもアジア人で糖尿病リスクが上昇しやすいといわれています。 その理由の一つとして、正常体重でも実は脂肪の多

bottom of page