top of page
  • OMC

糖尿病と異所性脂肪

こんにちは。

副院長の岡田震一です。


今回は、糖尿病と異所性脂肪というテーマでお話しします。


インスリンが作用する部位として、肝臓と筋肉が重要といわれています。


筋肉内に蓄積した脂肪が多いほど、筋肉のインスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなること)は高くなります。


また、肝臓内に蓄積した脂肪が多いほど、肝臓のインスリン抵抗性は高くなります。


ことに日本人では、白人男性に比べ、肥満に伴って脂肪肝になりやすいことが知られています。


見た目がやせていても、肝臓など内部に脂肪がたまった(異所性脂肪)状態であれば、2型糖尿病や心血管イベントを発症しやすくなるわけです。


当クリニックでは、脂肪肝などの肝臓病の検査値を考慮しながら、患者さんにあった適切な治療を提供するよう心がけています。

166

最新記事

糖尿病とダイエット

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病とダイエットというテーマでお話しします。 空腹時血糖値が120mg/dl未満の患者2265人を、6か月間の体重の変動が、①1.5kg以上減少、②体重の増減が1.5kg未満、③1.5kg以上増加、の3郡に分けて、代謝指標の変動を比較しました。 空腹時血糖値、食後2時間血糖値、HbA1c値、空腹時インスリン値などの指標において、増加(悪化)の割合は体重

糖尿病と肥満

こんにちは。 副院長の岡田震一です。 今回は、糖尿病と肥満というテーマでお話しします。 2型糖尿病は肥満と深く関連しています。 すなわち、2型糖尿病患者は肥満の方が多く、かつインスリン抵抗性であることが多いのです。 肥満の研究によると、BMI22(標準)の時の糖尿病発症危険率を1とすると、BMI25(肥満)のとき男性で2.2倍、女性で8.1倍になり、BMI30(高度肥満)では男性6.7倍、女性で2

糖尿病とその進行

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病とその進行というテーマでお話しします。 2型糖尿病は進行します。 2型糖尿病を進行させる要因としては、高血糖そのものが膵β細胞(インスリンを分泌する細胞)の機能を低下させることやインスリン抵抗性を増大させること等が考えられます。 これらのことが進行することによって、やがて膵β細胞は減少すると考えられています。 しかし、膵β細胞の回復能力が保たれてい

Comments


bottom of page