top of page
  • OMC

糖尿病と異所性脂肪

こんにちは。

副院長の岡田震一です。


今回は、糖尿病と異所性脂肪というテーマでお話しします。


インスリンが作用する部位として、肝臓と筋肉が重要といわれています。


筋肉内に蓄積した脂肪が多いほど、筋肉のインスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなること)は高くなります。


また、肝臓内に蓄積した脂肪が多いほど、肝臓のインスリン抵抗性は高くなります。


ことに日本人では、白人男性に比べ、肥満に伴って脂肪肝になりやすいことが知られています。


見た目がやせていても、肝臓など内部に脂肪がたまった(異所性脂肪)状態であれば、2型糖尿病や心血管イベントを発症しやすくなるわけです。


当クリニックでは、脂肪肝などの肝臓病の検査値を考慮しながら、患者さんにあった適切な治療を提供するよう心がけています。

166

最新記事

糖尿病と運動

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病と運動というテーマでお話しします。 運動不足は、肥満とともに2型糖尿病発症の重大な危険因子です。 運動することでインスリンの効きが良くなり、食事療法とともに2型糖尿病の発症を抑制します。 運動量やBMI(肥満度)が糖尿病発症とどのような関係があるのか、米国での調査で明らかになりました。 その結果、BMIが上がれば上がるほど糖尿病発症率も高くなるとい

糖尿病とその死因

こんにちは。 副院長の岡田震一です。 今回は、糖尿病とその死因というテーマでお話しします。 今日における日本人糖尿病の死因第1位は悪性新生物(ガン)です。 臓器別にみると、肺ガン>膵臓ガン>肝臓ガンの順で死亡率が高くなっています。 次いで死因第2位は血管障害です。 脳血管障害>虚血性心疾患>慢性腎不全の順で死亡率が高くなっています。 そして、死因第3位は感染症です。 また、日本で行われたある研究に

糖尿病とメタボリック症候群

こんにちは。 院長の岡田奏二です。 今回は、糖尿病とメタボリック症候群というテーマでお話しします。 メタボリック症候群は、内臓肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさった病態のことをいいます。 この病態の特徴は、インスリン抵抗性と肥満、特に内臓脂肪へのエネルギー蓄積です。 そして、これらのエネルギーの過剰蓄積は、食習慣の欧米化と運動不足によって起こります。 メタボリック症候群につながる生活習

Comments


bottom of page